プラチナ製ルビーリング。サイズ直しのご依頼です。

このデザインは、少し注意が必要です。

大きくする場合と小さくする場合の両方に。

御覧のように センタールビーは両腕から延びる爪で固定されています。

●大きくする場合、リング下(6時の位置)を切り、プラチナ片を入れ込みます。

その時、ルビーは両サイドから押され、極端な場合 割れてしまうことがあります。

●小さくする場合、リング下(6時の位置)を切り落とします。その時、ルビーは爪から離れていくので

石のゆるみや、最悪外れて落ちてしまうことがあります。

いずれにしてもこういうことを念頭にリングをいじっていかなくてはなりません。

 

このようなリングは細心の注意が必要となって来ます。