ホワイトゴールド製ピンキーリングのサイズ直し。

リボン調でダイヤモンドが所狭しと配置されています。

ほんの少し大きく#9に調整します。

ホワイトゴールドは、本体はゴールド=金色なんです。

それを、パラジュームなどを配合し、白い金に仕上げていくのですが

プラチナのようにもともとが”白”の金属じゃないので仕上げにメッキを施します。

よく、ショップでもたとえるのですが

100円玉=プラチナの色。

500円玉=本来のホワイトゴールドの色。少し黄色っぽい色していますよね。

それをメッキしてピカピカの白い色にしています。

なので、ホワイトゴールドのジュエリーは加工後、仕上げとしてメッキを施します。