切れた個所のみを直しても 弱くなっている場合が多く切れやすいのが事実です。

ネックレスの修理は、ほとんどの場合”ロウ付け”という加工で修理します。

●K10金製の細いチェーン

↓↓

●シルバー925製のチェーン切れ修理

↓↓

切れた個所を再びつなぎ合わせ…

バーナーを使いロウ材で溶かし くっつけます。

ロウ付け箇所は 少し固まります。

※一度切れた細いチェーンは もう全体に力が加わって 一番弱かったところが切れただけです。

切れた個所のみを直しても 弱くなっている場合が多く切れやすいのが事実です。

そこをご理解くださいませ。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA