ある大手真珠ブランドのペンダント。

バチカンと本体がねじりヒビが入って キレそうです。

買ったブランドへもっていくと「もう直せない」とか、「新品買うほどの修理代が必要」などといわれ、困惑して エファーナにお持ちいただきました。

販売したところが 直しできないなんて、アフターのよくないブランドですね。

よく見ると、確かにねじり曲がるほど力が加わっているのが一目でわかりました。が…

直せないなんてね。

手間はかかりますが、 なんてことない修理です。

まずは、固定されてる真珠と、白蝶貝を時間をかけて取り外していきます。

短時間でしてしまうと、欠けや割れが発生してしまうので。

配置の順番も記録し、余分な古い固定材も奇麗に剝がします。

その後、本体側とバチカン側のマルカンを太く大きめのものに取り付け加工です。

磨きののち、元の位置に真珠と白蝶貝を取り付け。

チェック後、完成です。

ジュエリーブランド、ジュエリーメーカー やっぱりアフターもしっかりとしてほしいものです。