”Tiffany”と刻印された導―チェーン。

引っ掛けて 切れちゃつたと 修理のご依頼。

 

いつもお客様へは、説明差し上げるのですが、

一度力が加わって切れたチェーンって ロー付けで直したところは確かに強いのですが、その隣など隣接する箇所はとっても弱くなってることが多いです。

 

ロー付けって バーナーの炎高温でくっつけ

その影響で、なましちゃうんです。(柔らかくなるんです。)

 

それと、シルバー表面が真っ黒から、黄色っぽく 他の部分とは質感も変わってきます。

 

それらをご納得いただき 修理に取り掛かります。

 

今回は、エファーナでもよくお勧めする修理方法!

ロー付けじゃなく シルバーの線でつなぐものです。

↓↓

切れた片方をねじり固めます。

そして、銀色に近い透明のビーズを入れて一体化につなぎます。

 

完成。。

チェーンが切れれば、こういう方法もあるので ご安心を!!