折れてしまったピアス。

芯棒でつながっていたのですが 長年の使用で劣化したのでしょうか…

修理の方法を考慮し、一度すべての宝石たちを分離して進めていきます。

K18金の金属部分にするとバーナーでの加工のしやすくなります。

本体枠に入念にロウ付け。(芯立てです。)

バフ磨きを終えれば センターの石留め。

そして、パールを固定して 完了です。

壊れてしまったピアスの片方がようやく直りました。