このタイプの方が良く使います。(揺れるアメリカンピアスへ加工)

K18金製のガーネットのイヤリング。。

このままじゃ使わないのでピアス加工のご依頼です。

揺れるタイプの「アメリカンスタイル」

石が付いたままじゃ加工できないので

ゆっくりと爪を起こして石を保護します。

あらかじめ製作しておいたこのフック式の金具を使用。

ガーネットの枠l上部にマルカン取り付け(ロウ付け)

そして、サイド石を留め直しします。

あとは、組み立て作業で 完成です。

良く揺れて、いい感じに仕上がりましたっ。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です