カフス金具部分の修理。

本体からきれいに取れちゃっています。

溶接されていたのでしょう。しかも仕上げは「金メッキ」

こうなるとロウ付けでは炎で真っ黒ケッケになり仕上げもできません。

溶接、ロウ付け以外で修理方法を模索です。

 

本体は薄いですがそれを固定できるようにビス止めを試みます。

1.0φのドリルで穴をあけていきます。

本体にも…

突き抜けると表面に出てくるので1.5㎜ほどで止めます。

このビスです。↓

念のためエポキシ樹脂にて補強。

これが出来る範囲での修理ですね。