タヒチ黒真珠の糸切れ。

修理でお預かりです。

切れる前兆っていうものがわからないので本と心配ですネ。

切れる状況にもよりますが なくしたくはないものですネ。

中のワイヤーの長さと珠数から どうやら無くなっていない感じですが…

ワイヤー、珠、パットと順番に入れてなおかつ珠の連想も整えていきます。

最後の、張り具合はこれまでの手の感覚で決めていきます。

このように2重にしても決して張らず滑らかさがあればいいのです。