一つづつちっちゃなパーツで組み込まれたリング。

着けているうちにポロリと落ちてしまったそう。。。

よく見るとサイドのコマパーツが紛失してそこから壊れてしまった感じです。

取れてしまったパーツも見つからず…ご相談でお持ちいただきました。

完全な修理は、同じようなパーツを作りから始まります。

ぷっくりとして芯棒が入り込む穴あけ。

差し込んで可動領域を確認。

良い感じなので叩き入れて、ここからロウ付け加工。

全体にロウが回ってしまらないよう細心の注意が必要です。

炎を通した後は真っ黒!!

さらに磨きを入れれば完了です。