あ゛… 🐓ブローチ修理

大切にしていたという鳥のブローチ。

落としてしまったせいで頭が。。。

幸いにも柔らかいところだったので(オニキス)割れずにそのまま拾えました。。と。

 

経年劣化により枠からはがれたかんじです。

早速修理修正です。

古くなった接着剤のカスを顕微鏡をのぞきながらきれいに取っていきます。

土台がきれいになったところで油分も取り除くためアルコールにて拭き取りです。

 

充分に乾いたところで固まるとガラス質になる透明の固定剤で取付け。

 

しばらくの後、ズレがないかを確認し完了です。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 ※ が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA