お母様から譲られた、古いイヤリング。。。

シルバー製で赤いのはガーネットでしょう。

しかし、イヤリングは着けなく そのままだったという。

ピアスなら付けられるのにと… そんな加工のご相談です。

 

基本、宝石のついたまま”火” ロウ付け加工は、難しいです。

石に、熱が加わり、割れたり、白くなったりとトラブルになりかねません。

そこは、技を使いながら加工を進めていきますが…

まずは、ピアス芯つくり。ある程度の形状を作り込んで最終でピアス芯を取り付けです。

準備段階ではピアスの延長の芯、ガーネットをより遠ざけてのロー付け加工

ロー付けで 芯がくっつけば磨きの工程。

耳のピアス芯に入ったとき スムーズになるように!

イヤリングの金具を利用してのピアス加工。。

予算に応じて加工方法をご提案していきます。