ここに熟練の技が役に立ってきます。

血赤珊瑚のイヤリング。これって

ピアスの方が気に入っていただき ピアス加工することになりました。

まずは、不要なイヤリング金具部分を取り除き。

少しずつ熱を加えて、土台から、血赤珊瑚を取り外していきます。

元の配置を記録しながら。

金具になったところで ドリルで穴を開けピアス芯を立て、ロー付け固定。

磨き、仕上げが終われば

元の位置へと 血赤珊瑚を取り付け 完成です。

ここで肝心なのは、熱を加えて珊瑚を取り外すときの熱加減。

ぬるいと芯が珊瑚の中に折れてとどまり厄介に、熱すぎると珊瑚が焦げてしまうんです。

ここに熟練の技が役に立ってきます。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です