そんなこんなで、いろんな技を使いながら…

真珠のネックレスの糸替えご依頼です。

根元両方から糸が飛び出しちゃっています。

長年の使用で伸びたのかもしれません。

こんな症状が出始めたら 糸替えのサインですね。

そのままほおっておくと突然切れてしまい、パラパラっと。。。

これが外なら なくなってしまうかもしれませんね。

エファーナでは、ビニールコーティングのワイヤーが主流で、珠と珠の間にはパットをいれてく見直ししていきます。

パットの役割は、珠同士が擦れあい白い粉が出てこないようにするためです。

珠の保護の観点からもパットは入れておいたほうが良さそうです。

珠を通した最後の終いは、ビス止めの留め金具。

これは優れもの。

伸びてしまったワイヤーを再び締め直すことができるんです。

そんなこんなで、いろんな技を使いながら

お客様の真珠のネックレスをメンテナンスしていきます。

Leave A Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です